ホーム > 業務案内 > 家族信託

家族信託

家族信託(民事信託)とは、受託者が限定された特定の者を相手として、営利を目的とせず、継続反復しないで引き受ける信託のことで、信託銀行の取り扱う信託商品や投資信託(商事信託)とは違い、財産の管理や移転・処分を目的に信頼できる家族間で行うものです。

当事務所では家族信託(民事信託)を、相続の前と後に関わる重要な仕組みと捉えています。当事者間での揉め事に発展しないように財産管理の意向をお聞きして、法的なリスク等を専門家として検討し、その上で書類の作成、各種手続きなど様々なお手伝いをいたします。

札幌市および札幌市近郊で家族信託について詳しく聞きたい方は、お気軽にご連絡ください。
※契約書作成や登記などの実務は、法で定められた専門士業のみが対応できます。

家族信託イメージ

家族信託手続きの方法

委託者と受託者が信託契約書を作成して署名押印することで信託契約が成立しますが、信託契約の内容によっては財産の取り扱いに重大な支障が生じる可能性もあります。
後々のトラブル回避の為にも、当事務所へご相談ください。

 

Page Top ▲