ホーム > 業務案内 > 成年後見制度

成年後見制度

法定後見の流れ

家庭裁判所に申立

本人、配偶者、四親等内の親族、検察官、市町村長等が本人の住所地を管轄する家庭裁判所に申立

家庭裁判所が申立書受理

審判の手続き

医師による精神状況について鑑定・調査

審判

後見人・保佐人・補助人を選任

家庭裁判所が本人の類型に応じて、「後見人」「保佐人」「補助人」を選任

後見開始

Page Top ▲

任意後見の流れ

法令に基づいて契約

本人と配偶者、四親等内の親族、または第三者(任意後見受任者)が法令に基づいて契約

契約締結後、公正証書を作成

後見登記ファイルに登記

公証人によって登記が嘱託され、後見登記ファイルに登記

家庭裁判所に申立

本人が判断能力不十分になったとき、本人や任意後見人等が家庭裁判所に申立

任意後見監督人が選任されて、任意後見効力開始

Page Top ▲

 

Page Top ▲